kyushu2019-foods
2019年5月 九州 
食いしん坊 美味しかった食べ物etc 

 

 旅の楽しみの一つに食べることがありますね
自宅では外食など殆どしません
それ故に「グルメ」とか「食通」等の言葉には縁がありません
食べ物の美味しさを感じるのも人それぞれですが
九州で食した物を自分自身の思い出のために
残しておこう
先ずは 指宿温泉「民宿たかよし」から
ここでの食の全てをご紹介 
 
 
5月7日 夕食
 
食卓にずらりと並ぶオカズは八品
海の幸が多い、揚げ物は手作りさつま揚げだけ
 
 
 暫くすると焼きたてのトビウオが登場
 
 
 きびなごの刺身とバイ貝が美味しかった
 
 
5月8日 朝食 
 
きびなごの干物、 豆腐やフキなどの野菜も自家製
裏の畑で作っています
 
 
5月8日 夕食
 
 今夜も豪華版です
トビウオのから揚げとカツオのたたきも出てきて
やはり海の幸が豊富
手作りランチョンマットには開聞岳が
 
 
 鯛の潮汁が美味
 
 
 デザートは駐車場横に実っているビワ
「採って食べていいよ!」とも言っていました
 
5月9日 朝食  
 
 今朝もニッポンの正しい朝食です
昨日の夕食後、調理をしている息子さんが「料理は如何ですか?」と尋ねて来たので
料理は食べきれないほどで充分だが、1品減らしても生野菜のサラダが欲しいと言ったところ
今朝は早速サラダが添えられていた、もちろん、1品減らすこともなく。
こうしてリクエストに応えてくれるのが嬉しい宿です
 
 
5月9日 夕食 
 
 今夜も豪華版です。手作りランチョンマットはセゴドンに
 
 
 朝食に手作り豆腐が出たので、夕食にはその豆乳を使った豆乳鍋が出た
 
 
 九州と言えば地鶏の炭火焼き
今夜は流石にお米まではすすめませんでした
 
 
 5月10日 朝食 
 
 毎日食べすぎです
珍しく卵焼きがでて・・・もう一品出たが写真は撮らなかった
連泊の人にはそれぞれ異なったメニューとなっていて
気配りが細やかです
 
 
 5月10日 夕食 
 
トビウオのなめろうと鹿児島の郷土料理「ガネ」
「ガネ」にはサツマイモ・人参等の野菜が入っています
薩摩芋の甘さが何とも言えません、美味しくて 
 
 
そしてリクエストの大盛の豚シャブ付きの野菜サラダ
満足満足 
 
 
 5月11日 朝食  
 
 いよいよ「たかやす」最後の朝食です
温泉卵と手作り豆腐ときびなご
漬物や小鉢もすべて自家製
サラダも忘れずに付いていました
 
 
「民宿たかやす」のコマーシャル 
 
「民宿たかやす」は昔ながらの宿ですが、女将さんは私と同年代です。
食事も美味しいのですが居心地が良くなるよう随所に気配りがされています
このフクロウも夕方の食事時間になるとロビーに置かれ
茶香炉から茶を煎じた良い香りが漂っています 
 
 
 最後は「民宿たかやす」さんの全景 駐車場から
 
 
 

 
5月13日 五ヶ瀬ワイナリーの昼食  
 2年ぶりの日向の友との再会
近くでお昼をと希望したが
友が連れて行ってくれたのは五ヶ瀬ワイナリー
友の自宅から80kmを越えてる場所
そんなに無理しなくてもと思うのだが、彼にとっては仕事でかよった
ホームグランド、細かな道までよく覚えていました
 
 ワイナリーに併設されているレストランでランチ
 
 ゆったりとして広くて明るい店内
お客さんはやはり女性ばかり
 
 
 女性が好みそうなものばかり
 
サラダも 
 
 
 
 メインディッシュの一部です
 
 私は「日向夏」をチョイス
 
 
 お代わりは2回ほどしたかな?
 
 
 食後のデザートもしっかりいただきました
 
 
 友が私達に見せたかった景色が
この雄大な阿蘇の山並みでした
 
 
 食事の後はワイナリーでお買い物
友はしっかりとワインの試飲をしていました
小さなカップ1杯でしたがね
ヒョットコ&オカメ さん ご馳走様でした
楽しい旅を過ごすことができました 
 
 

 
5月14日 大分で昼食   
今年の年賀状では九州旅行を計画してると大分の友に送っていた 
今回の九州旅行の日程を決める前の3月頃に彼から
「九州旅行では立ち寄ってくれ。待ってます」電話が入った。
彼は一緒にトライアスロンの練習をして大会も出た仲間です。
郷里の大分に帰って4年、その前も久しく会っていなかったので
10年ぶりくらいだろうか、彼の名は私と同じ「とし坊」です
5月14日の夕方には大分からフェリーで帰る予定だったので
フェリー乗り場の近くで昼食でもと思っていたが、ご自宅で昼食ということになった
 
 
 先ずはロゼ・ロワイヤル紅茶でお出迎え
お品書きも手作りで作ったと・・・彼が嬉しそうに話す
 
 
カステラもお菓子もすべて奥様の手作り
二人とも健康志向が高くオーガニックの野菜で作っています
ちなみに左のお菓子は「オカラ」で作ってあります 
 
 
 豆乳胡麻とうふ
 
 
 そら豆のスープ
レストランのコース料理並みに食べ終わると次が出てきます
一人で料理&おしゃべりをしながらです
 
 
 里芋の胡麻味噌煮
 
 
鶏むね肉の梅風味
椎茸&絹さや の白和え
 
 
 筍の煮物
 
 
 ふきの佃煮
 
 
 グリーンピースご飯
 汁物やデザートも出たのですが食べるのが忙しく失念です
 
 チョット外で軽く食事をのつもりが
豪華な懐石料理を頂きました
 
 
帰り際フェリーでの夕食にと
お弁当までお土産にいただきました  
 
 フェリーの中で窓の外の四国の灯りを見ながら頂きました
今夜は体調不良のためビールが飲めないのが残念でした
tosh & eik さん ありがとうございました
 
 
 
 人の食事なんて少しも
「面白くないし」  「美味しくないし」  「味も判らないし」
「お腹も一杯にならないし・・・・・」 とはと思ってます
釈迦嶽の山頂ではお弁当も頂いたのですが
写真を撮るより先に食べてしまったし
それでも食べ物と友に敬意を込めて頁を作りました
皆様 ご馳走様でした & ありがとうございました
 
 
 
 
 全て美味しかったのですが
日向での三時のおやつの手作りおはぎも美味しかった





endo of kyushu2019-foods