kyushu2019-hiking
2019年5月 九州 
鹿児島県指宿・開聞岳 と 宮崎県国富町・釈迦嶽
ハイキング

 
5月8日 開聞岳  
 
 
 前日の車とフェリーの移動疲れもなく
午前8時過ぎ宿を出発
 
南国ムード一杯の道路を走る
登山口は右側の裾野を下がった地点
 
 
 管理事務所に駐車し、登山届に記入して山頂を目指す
 
 
舗装道路を15分歩いて登山口に到着
ここは2合目 山頂まで3.5km 
 
 
 2.5合目を過ぎた地点
雨水で浸食された堀状の山道を歩く
 
 
 3合目を過ぎ大きな木の倒木が目立つ
植物は南国らしくシダ類が多い
 
 
 5合目の休憩ポイント 初めて景色が眼下に広がる
 
 
 指宿の街並みと鹿児島湾の対岸は佐多岬のある大隅町
 
 
 山道は砂利状となり歩きにくい 特に下りは滑りやすい
 
 
 8合目からは岩の道が続く
 
 
 
9合目を過ぎると視界も開け開門岳を右回りで9割ほど回った感じです 
 
 
 最後の鉄梯子を上る
 
 
 再び視界が開け池田湖が見える
ほほ開聞岳を一周しました
 
 
 
  岩場の道があと52m 登山者の頭だけが見える
 
 
 開聞岳に登った!


山頂は岩場で狭かった
景色はこの方向しか見えなかった


山頂近くにある御嶽神社にお詣りし
下山での無事を祈念し岩道&砂利道を下る


開聞岳の登山コースは9割は樹林帯の中で景色は見えなかった
それでも天気がもう少し良ければ休憩ポイントから
屋久島や種子島も見えるようです



開聞岳おわり




 
5月8日 釈迦嶽 
 
開門岳は登る計画で東京を発ったが、釈迦嶽は鹿児島に到着し
先輩と電話で連絡で話している間に、「どうやら連れて行ってくれるらしい」
という感じだったが、前日先輩と会って初めて山に登ることが決まった
予備知識ゼロだったため、遠くから見ても山の姿も判らず仕舞だったが 
楽しい楽しいハイキングだった
 
8時前 ホテルで合流、先輩の先導で山に向かう 
 
 
可能な限り車で上まで行こう! と願ってもないアプローチです 
 
 
登山口のある公園の駐車場に到着 
よく手入れがされた広々とした公園です
 
 
 頂上が830mで登山口が280m 差し引き550mを上る
距離は3.6km 大変親切な案内板です
 
 
 歩き始めは緩やかな広い道
 
 
この山も新設な案内板が設置されています 
 
 
 7合目を過ぎると岩場の道に変わる
両側は樹木が茂っているので視界が悪いので気にならないが
斜面は切れ落ちた70〜80度もあろうかと思う急な斜面です
 
 
 時々現れる岩場を越えて
 
 
 ここにも親切な案内が
これでは頑張るしかありません
 
 
10:40  釈迦嶽 に無事到着
 
 
山頂から少し先の展望台から見える高千穂の山々
 
 
 天気が良ければ左方向に桜島や開聞岳も望めるようだ
 
 
宮崎市内は白く霞んではっきりしない 
 
 
 望遠レンズではシーガイアが見えた
 
 
 前夜はホテル宿泊で近くにはお店もなく
山でのたべものは途中の道の駅で買ったパンだけだったが
二人分のお弁当を作ってきてくれた
デザート付きで美味しかった
食事も終え同じコースで山を下る
 
 
13:00 無事下山
先輩と山を歩くのも半世紀ぶり
楽しい山登だった 
 
 おまけ


 私達が泊まったホテルの前の川は先輩が鮎釣りで通っている川だった
解禁日は6月1日 足繁く通っているがこの見える範囲で釣り人は4〜5人だとか
羨ましいくらい恵まれた自然環境です

釈迦嶽 おわり


end of hiking